story

市長と検察に挟まれ深みにはまっていく刑事 ハン・ドギョン/チョン・ウソン

1973年3月20日生まれ。韓国映画界において彼ほど多くの名シーンを残した俳優も、多様なジャンルで演技をしてきた俳優も珍しい。若者たちの成長ドラマとして人気を博した『ビート』(97/未)、『太陽はない』(98/未)で青春の代名詞になった彼は、『私の頭の中の消しゴム』(04)で自分を愛した記憶さえ失っていく妻をそばで見守る夫を演じ、アジア中を涙で包み込んだ。また、『MUSA-武士-』(01)、『グッド・バッド・ウィアード』(07)では男性的な美しさの極限を見せつけた。最近では『監視者たち』(13)で悪役に挑戦。本作では、悪いだけでない堕ちる男の色気を見事に表現し全く新しいチョン・ウソンを見せてくれる。

FILMOGRAPHY
Movie
『私を忘れないでください』(2016)、『愛のタリオ』『神の一手』(2014)、 『監視者たち』(2013)、『レイン・オブ・アサシン』(2010)、『グッド・バッド・ウィアード』(2008)、『レストレス 中天』『デイジー』『サッド・ムービー』(2005)、『私の頭の中の消しゴム』(2004)、『トンケの蒼い空』(2003)、『MUSA-武士-』(2001)、 『太陽はない』(1998/未)、『ビート』(未)、『モーテル・カクタス』(1997)ほか
Drama
「パダムパダム -彼と彼女の心拍音-」(2011)、「ATHENA-アテナ-」(2010)

義理と忠誠の狭間に揺れ動く後輩刑事 ムン・ソンモ/チュ・ジフン

1982年5月16日生まれ。ファッションモデルとして活躍し、ドラマ「宮-Love in Palace-」(06)でブレイクし以後、俳優として本格的に認められる。これまでは、『アンティーク~西洋骨董洋菓子店~』(08)、『結婚前夜』(13)などラブストーリーに出演し女心を虜にしてきたチュ・ジフンだったが、『コンフェッション 友の告白』(14)や『背徳の王宮』(15)で善と悪を持ち合わせたキャラクターを好演、その演技が評価され演技派俳優へと成長した。悪人たちの満ち溢れた本作では、ハン・ドギョンを兄のように慕い唯一この映画の中に微かな人間性を吹き込む人物でもある。

FILMOGRAPHY
Movie
『背徳の王宮』(2015)、『コンフェッション 友の告白』(2014)、『愛情容疑者』(2013/未/中国)、『結婚前夜〜マリッジブルー〜』(2013)、『私は王である!』(2012) 『キッチン~3人のレシピ~』(2009)、『アンティーク〜西洋骨董洋菓子店〜』(2008)
Drama
「仮面」(2015)、「メディカルトップチーム」(2013)、 「蒼のピアニスト」(2012)、「魔王」(2007)、「宮-Love in Palace-」(2006)、「昔の恋」(2005)

金と権力の亡者 パク・ソンべ/ファン・ジョンミン

1970年9月1日生まれ。『新しき世界』(13)の義理堅いヤクザの幹部、『国際市場で逢いましょう』(14)の心熱き父、『ベテラン』(15)の行動派刑事、『ヒマラヤ~地上8,000メートルの絆~』(15)のヒューマン遠征隊長など、ヒューマン、ノワール、コメディ、ミステリー、サスペンスなどジャンルを選ばない見事な演技で、いつも違った顔を見せてくれるファン・ジョンミン。韓国では彼の出演作は必ず大ヒットするほど国民的俳優として注目を集める。『甘い人生』(05)、『生き残るための3つの取引』(10)などのクライムジャンルでも光った演技を見せてきたファン・ジョンミンだが、今まで見たことのない狂気を孕んだ恐ろしいほどの悪という、底抜けの演技力を発揮している。

FILMOGRAPHY
Movie
『哭声/コクソン』『華麗なるリベンジ』(2016)、『ヒマラヤ〜地上8,000メートルの絆〜』『ベテラン』(2015)、『国際市場で逢いましょう』『傷だらけのふたり』(2014)、『フィスト・オブ・レジェンド』(2013)、『終わりと始まり』『新しき世界』(2013)、『ダンシング・クィーン』(2012)、『裏切りの陰謀』(2011)、『生き残るための3つの取引』 『雲を抜けた月のように』(2010)、『オガムド~五感度~』(2009)、『星から来た男』(2008)、 『ハピネス』『黒い家』(2007)、『ユア・マイ・サンシャイン』『甘い人生』(2005)ほか
Drama
「約束の恋人」(2012)、「アクシデント・カップル」(2009)

歪んだ正義感を持つ検事 キム・チャイン/クァク・ドウォン

1974年5月17日生まれ。舞台俳優からスタートしたクァク・ドウォンはその後、脇役ながらも数多くの映画に出演し存在感を高めた。『悪いやつら』(12)の悪役検事で一躍有名となり『弁護人』(13)で権力の裏の顔を嫌味なまでに演じ、一気に韓国映画界きっての悪役スターの座を掴んだ。ナ・ホンジン監督の『哭声/コクソン』(16)では既存のイメージとは違った悪人ではない素朴な父親役として観客に新たなクァク・ドウォン像を印象付けた。本作では、本来、法と正義、善の立場でなくてはならない人物であるが、悪人よりもえげつない手段をつかう検事として『哭声/コクソン』でも共演したファン・ジョンミンと、悪対悪として対立し悪人たちの地獄絵図を完成させる。

FILMOGRAPHY
Movie
『哭声/コクソン』(2016)、『朝鮮魔術師』『無頼漢 渇いた罪』(2015)、『タチャ 神の手』『傷だらけのふたり』(2014)、『弁護人』『悪魔の倫理学』『ベルリンファイル』(2013)、『悪いやつら』『ある会社員』(2012)、『哀しき獣』『ミッドナイトFM』『アジョシ』(2010)、『母なる証明』(2009)、『グッド・バッド・ウィアード』(2008)ほか
Drama
「グッド・ドクター」(2013)、「ファントム」(2012)

猟犬のような検察捜査官 ト・チャンハク/チョン・マンシク

1974年12月11日生まれ。貧しい家庭でありながら、家族のサポートもあり舞台俳優としてデビュー。2009年の『息もできない』で頭角を表し様々な監督から声が掛かるようになる。ドラマでも2010年「ジャングルフィッシュ2」を皮切りに「最高の愛~恋はドゥグンドゥグン~」「私も花!」(11)などで認知度も広がっていく。強面ながら慈愛に溢れる兄貴的存在で『7番房の奇跡』(13)、『傷だらけのふたり』(14)、『ベテラン』(15)など幅広い役柄で観客の印象に強く残る。なくてはならない名バイプレーヤーだ。

FILMOGRAPHY
Movie
『隻眼の虎』『インサイダーズ/内部者たち』『ベテラン』(2015)、『群盗』『最後まで行く』『傷だらけのふたり』(2014)、『7番房の奇跡』(2013)、『S.I.T.特命殺人捜査班』『カウントダウン』(2011)、『ミッドナイトFM』『哀しき獣』『生き残るための3つの取引』(2010)、『息もできない』(2009)、『映画は映画だ』(2008)ほか
Drama
「タンタラ」「名もなき英雄〈ヒーロー〉」(2016)、「江口物語」「気分の良い日〜みんなラブラブ愛してる!」(2014)、「グッド・ドクター」(2013)、「ドラマの帝王」「キング~Two Hearts」(2012)、「私も花!」「最高の愛~恋はドゥグンドゥグン」(2011)、「ATHENA-アテナ-」(2010)、「IRIS-アイリス-」(2009)ほか